instagramはこちら

【マスクの暑さ対策】ミズノのマスクを使えば息苦しくない!【着用レビュー】

マスクを日常的に使用して、息苦しくて不快に思うこともありますよね。

このように思うことはありませんか?

女性

洗ってもへたらないマスクが欲しい

女性

暑がりでも息がしやすいマスクはないかな?

男性

マウスカバーって何?マスクとどう違うの?


そんな方におすすめしたいのが、ミズノのマウスカバーです。
ミズノのマウスカバーは通気性があるため、蒸し暑い日でも快適に過ごせます。

スポーツメーカーmizuno(ミズノ)のマスク(マウスカバー)は一時期は抽選してもなかなか当選しなかったり、抽選に参加しようとしてもミズノの申込みサイトが繋がりにくくなってしまうほどの人気ぶりでした。

2021年はインターネットで注文すれば、在庫さえあれば公式サイトからスムーズに購入できます。

おゆわり

この記事では、ミズノのマウスカバーを実際に1年上愛用している筆者が使用感や生活の中で感じていることをレビューします

\ 公式サイトへ遷移します /

目次

ミズノのマスクは一年使用してもへたらない!

ミズノマウスカバー
実際に1年近く使用しているマウスカバーです


ミズノマウスカバーは通年快適に使えます。

また、かなり暑がりな筆者でもミズノマウスカバーがあれば、息苦しい梅雨や夏も快適に過ごせます

この梅雨から新たにアイスタッチのマスクを購入しましたが、サラッとしていて更に快適です。

昨年7月にミズノのマスクを購入してから何度も洗濯していますが、1年近く使用している現在でも生地がへたることなく現役で活躍しています

マウスカバーって何?マスクとどう違うの?


ミズノではマスクではなく、「マウスカバー」と呼ばれていますが、なぜマスクではないのかについてご説明します。

マウスカバーは「使う人の飛沫拡散防止」の役割

マウスカバーには、医療用のマスクとは違い高機能フィルターを使用していません

「マスク」との線引きのために、「マスク」ではなく「マウスカバー」と名付けられています。

マウスカバーを使用する人が、相手にできる限り飛沫を飛ばさないように抑制することを目的につくられています。

女性

自己防衛というよりは、相手への配慮のためのものなんですね

【写真あり】1年間使用しているミズノマウスカバーはノーマルマスク

筆者が最初に購入したミズノマウスカバーは、ノーマルのタイプ(ベーシックシリーズ)です。

アイスタッチ
ベーシックシリーズ
  • 1枚あたり1,320円
  • 1枚あたり935円~

ミズノマウスカバーの素材と裏地

ミズノマウスカバーは、スポーツウエアに使用している素材を使っているため、伸縮性がありフィット感があります。

裏地はこのような感じになっています。

ミズノマウスカバー

ベーシックシリーズ【グレー:Sサイズ】

1年前に購入したため、現在の公式サイトには同じ商品はありませんが、ベーシックシリーズです。

【着用写真あり】小さめサイズの不織布マスクを普段使っている方ならSサイズでもOK

筆者は複数のミズノマウスカバーを持っている知人のアドバイスでSサイズを購入しました。

おゆわり

普段小さめの不織布マスクを使用している方は、Sサイズも視野に入れてのサイズ検討をおすすめします。



以下の写真は「アイスタッチ」マウスカバーの商品ですが、同じSサイズを着用しています。

ミズノマスク

窮屈なこともなく、フィット感も抜群です。

ミズノマウスカバー公式サイトでは鼻の下から耳かけ部分の長さをもとにサイズの目安を案内しています。

画像の引用元:ミズノマウスカバー公式サイト

ミズノマウスカバーの使用感

顔まわりにしっかりフィットして、息苦しくもないため快適です。

普段不織布マスクをつけていると、マスクの下は汗びっしょりで息苦しいため不快なのですが、ミズノマウスカバーなら自転車をこいだりヨガなどをしても気持ちよく過ごせます。

また、通気性があるため、今のところ肌トラブルもありません。

使用頻度や洗濯方法は?【耐久性】

洗い替え用として3枚のマウスカバーを使いまわしています。

おゆわり

使用後の洗い方は「手洗い」と書いてありましたが、
忙しいときに手洗いもできないため、普段は洗濯用のネットに入れてザブザブ洗濯機で洗濯しています


他のマスクは洗濯を繰り返したらゴム部分が伸びてしまって3か月ほどで使えなくなってしまいましたが、ミズノマウスカバーはゴムがゆるくなることもなく現役で使用中です。

少しよれているように感じますが、顔まわりはしっかりフィットしていて耳ゴムもほとんど伸びていません。

真夏でも大丈夫?【真夏もミズノマスクは快適です】

2020年の真夏は主にミズノマウスカバーのノーマルタイプで過ごしましたが、暑い夏も快適に過ごせました。

マスクなしで過ごすのも息苦しいくらいの気候なので、ミズノマスクにはかなり助けられました。

【夏用マスク】買い足した接触涼感マウスカバー「アイスタッチ」

ミズノマウスカバー
上がシルバーグレー、下がライトベージュ

蒸し暑い梅雨や夏に備え、今回は「アイスタッチ」のミズノマウスカバーも購入して使用中です。


おゆわり

色はシルバーグレーとライトベージュにしました

「アイスタッチ」について【3つの特徴】

「アイスタッチ」とは、スポーツメーカーであるミズノが以前から肌着などに使用していた涼感素材で、「アイスタッチ」素材がマウスカバーの裏地に活用されている商品もあります。

「アイスタッチ」には、このような特徴があります。

ミズノマウスカバー「アイスタッチ」の正直な感想

ミズノマウスカバーの「アイスタッチ」を着用しても、正直暑いものは暑いです

外気自体が蒸し暑いため、吸う空気もマスク自体もだんだん暑くなってしまうのは否定できません。

ただ、もともと通気性が良いため、蒸れないのが一番嬉しいポイントです。

おゆわり

ミズノマウスカバーのノーマルタイプと比較したら、「ちょっと涼しい気がする」というのが正直な感想です。

\ 夏仕様のミズノマウスカバーは1,320円 /

ミズノマウスカバーのメリット

good

ミズノマウスカバーを実際に1年以上使用している筆者が感じているマウスカバーのメリットをまとめました。

呼吸がしやすい【汗をかいても大丈夫】

顔周りはきちんとフィットしていますが、鼻や口の周りには空間があるため、呼吸がしやすいです。

また、水着素材でできているため、汗をびっしょりかいても不快さは感じることなく過ごせます。

眼鏡が曇りにくい

顔周りにフィットするため、眼鏡をしても曇りにくいです。

筆者は自転車に乗るときにサングラスをすることもありますが、サングラスが曇ることなく快適に自転車に乗ることができています。

1年使い続けてもへたらない【雑に洗っても大丈夫】

1年以上前に購入したミズノマウスカバーは、現在も現役で使用しています。

洗濯はネットに入れて他の洗濯物と一緒に洗っていますが、耳ゴムの部分が伸びてしまうこともへたることもありません。

他のお店で少し後に購入した布製のマスクは、ゴム部分が伸びてきてしまったため、2ヶ月ほどで捨ててしまいました。

ミズノマウスカバーのデメリット

デメリット

ここではミズノマウスカバーのデメリットを解説します。

新品は匂いがする

開封したての状態では独特なにおいがします。

ですが一度選択したらにおいは解消されました

欲しい時に売り切れの時もある

2020年ほどではありませんが、新商品が発売したタイミングなどは需要が高まるため、欲しい色やサイズのマウスカバーが売り切れてしまっている時もあります。

買いたい時に欲しいサイズがないときは残念ですね。

値段が高い【1枚1000円前後】

安いものでは数百円程度で布マスクを購入できるので、千円前後するミズノマウスカバーは少し割高です。

洗い替えや家族全員分のマスクを買おうと思うと躊躇してしまうかもれませんが、洗濯を繰り返してもへたることなく使えるため、長い目で見たらお得です。

医療目的・予防目的では使えない

相手に飛沫を飛ばさないようにするためのマウスカバーのため、花粉症の方や感染予防目的などに使用するには不向きです。

シーンによって不織布マスクなどと使いわけすることをおすすめします。

ミズノマウスカバーの口コミ、評判

口コミ

ここでは、ミズノマウスカバーの口コミや評判を紹介します。

まとめ

マスク

いかがでしたか?

以上のように、これからの蒸し暑い時期を乗り越えるためには蒸れなく快適に使用できるマスクが必須です。

まだまだマスクとうまく付き合わなければならない日々が続きますが、より付け心地の良いマスクと付き合いましょう。

そのひとつの手段として、一年使っても伸びずに使えるミズノのマウスカバーがおすすめです。

医療的な効果は望めませんが、使用するシーンを使い分けてみましょう。

ミズノマスクを買える場所【公式サイト】

スポーツショップやホームセンターなどで買うことができますが、色やサイズをじっくり選べる公式サイトがおすすめです。

\ ラインナップが豊富な公式サイトがおすすめ /

ミズノマウスカバー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事が気に入ったらいいね または フォローしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる