instagramはこちら

ゆるい糖質制限中でもOKなお酒とおつまみ【ダイエット】

目次

糖質制限ダイエット中でもお酒は飲める【種類を選びましょう】

呑んでも太らないお酒を選ぼう【糖質がポイント】

ダイエット中でもお酒は呑みたいですよね?

私もそうです!

糖質制限中には、糖質量が多いか少ないかのポイントでお酒を選べば太りにくくなります。

太りやすいお酒と太りにくいお酒をまとめました。

呑んでも太らないお酒
太る酒
  • ウイスキー(0g)
  • 糖質ゼロ発泡酒(0~0.4g)
  • 焼酎乙類(0g)
  • ウォッカ(0g)
  • ブランデー(0g)
  • 白ワイン(2g)
  • 赤ワイン(1.5g)
  • 日本酒(4.9g)
  • ビール(3.1g)
  • 紹興酒(5.1g)
  • 梅酒(20.7g)
  • キュランソー(26.4g)

※100gあたりの糖質量

お酒は大きく分けて【醸造酒】【蒸留酒】【混成酒】に分かれています。

ダイエット中の醸造酒には要注意!

主に日本酒・ワイン・ビール等のお酒です。

原料は、米や麦などのデンプン質・・・ということは、糖質!

ダイエット中には要注意のお酒です。

ただし、ワインは醸造酒の中でも糖質は少なめなので、辛口でほどほどの量であれば大丈夫。

混成酒も糖質が多いのでダイエットには不向き

主に梅酒やリキュール、みりん等のお酒です。

醸造酒や蒸留酒に香料やを加えて作るので、糖質いっぱい!

ダイエット中には避けるべきです。

糖質制限ダイエットの味方、蒸留酒

こちらの蒸留酒は糖質がほぼゼロのものばかりなので、ダイエット中にもおすすめです。

ウイスキー

焼酎

糖質ゼロビール

ブランデー  等

糖質オフのお酒の呑み方

糖質少なめのお酒を呑んでも、割り方には注意!

甘いフルーツやジュースで割ってしまうと、お酒を糖質オフにしても無意味になってしまいます。

水や無糖の炭酸で割るのがおすすめです。

ただし、いくらお酒OKといえど、呑みすぎには気をつけましょう。

私は本格焼酎を炭酸で割る、焼酎ハイボールが好きでよく飲んでいます

糖質オフのおすすめつまみ

お酒といえば、相棒であるおつまみの存在も必要不可欠。

糖質オフのお酒と合わせるのにおすすめな食材を紹介します。

糖質オフOKおつまみ食材、NGおつまみ食材

バターや乳製品など、カロリー高めな食材はありますが、ここでのポイントは糖質なのでチーズやバター、マヨネーズもOKです。

OKおつまみ食材
NGおつまみ食材
  • 肉・卵
  • 魚介
  • 豆腐・油揚げなどの大豆加工品
  • 乳製品
  • 野菜・果物(ブロッコリー・小松菜・もやし・アボカド等)
  • 海藻
  • きのこ
  • こんにゃく類
  • 油脂(バター・植物油 等)
  • 主食(ごはん・パン・麺類)
  • 甘味料
  • いも類
  • 暖色野菜(かぼちゃ・とうもろこし)
  • 根菜
  • 果物
  • 加工品(味付け缶詰・さつま揚げ等)
少量ならOKなもの

・トマト
・たまねぎ
・パプリカ
・にんじん

おすすめおつまみ 3選

①まぐろとアボカドのわさび醤油和え

アボカドは食べ応えもしっかりあるので、おつまみとしても腹持ちの部分でもおすすめです。


②のりチーズ

プロセスチーズをカットして、焼きのりで包んで食べる簡単つまみです。

準備も楽ちんでお酒にも合わせやすいです。


③きのことブロッコリーのアーリオ・オーリオ

アーリオ・オーリオのパンチが焼酎やハイボールにも合う料理です。

お酒を呑んだ後の〆にも注意!

お酒を呑んだあとは、お茶漬けやラーメンなどが食べたくなりますよね。

非常に分かります。

でも、それはダメです。

呑んだ後の〆には、がっつり肉を食べたり、厚揚げや糖質ゼロ麺をつかったラーメンなどがおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事が気に入ったらいいね または フォローしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる